屋上防水改修工事 ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

屋上防水改修工事の施工事例です。

旧防水層は、ゴムシート防水でした。

この建物は、鉄骨造で築30年以上経過しており

雨漏りが発生していました。

雨漏り診断の結果、旧防水層が劣化し

下地モルタル部分からの剥がれや浮きの劣化現象が見られました。

 

下記に続きます

改修方法は、下地が鉄骨のデッキプレートだったので、

防水層の浮きやひび割れの危険性があるので

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法を提案しました。

 

通気緩衝工法とは、ウレタン防水層を下地モルタルに完全に密着させずに

通気と緩衝の機能の付いた、シートを下地の1次防水として貼ります。

その後、ウレタンという液体の防水材を2次防水としてコテやローラーで

流し、硬化後、防水層を保護する色(トップコート)を塗布して完了です。

 

この工法では、

下地のモルタルからの湿気を通気緩衝シートで吸収し

最後の写真の脱気筒から放出する機能があります。

建物も生きていますので、呼吸ができる工法が長持ちの秘訣です。

さらに、通気緩衝シートの厚みにより、下地からのひび割れも

表面に露出することを防ぎます。

 

屋上の陸屋根の防水は、

地球環境の激しい攻撃(紫外線・雨・強風等)にさらされ

劣化が早い部分です。

少しでも、ライフサイクルコスト(ここでは生涯にかかるメンテナンス等の費用)

を抑えるために、このような2重・3重で建物を守れるような防水工法がお勧めです。

 

施工単価は、下地の種類や状態により変動しますが

ウレタン塗膜防水通気工法のみの㎡単価は、(グレードによりますが)

1㎡当たりの単価  6500円~ (注意 100㎡以上の単価となります)

一般的な、ゴムシート防水や塗膜防水に比べると2倍以上になりますが

建物が鉄骨造で動きが多い建物では、お勧めの工法です。

 

詳しいお問い合わせや診断のご依頼は

フリーダイヤル 0120-387-845

担当 米田までお気軽にお問い合わせください。

 

 

なお、少数精鋭で施工していますので、

 

電話に出られないケースも恥ずかしながらあります。

その際には、しばらくたってから再度お電話をお願いいたします。

もしくは、私の携帯に転送されますので、こちらからお電話させて頂きます。

皆様のご協力、ご理解の程宜しくお願いいたします。



ビアンコーティング フロア床材コーテキング
トステム インプラス 2重サッシで 防音、断熱、取り付け簡単

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 屋上防水改修工事 ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://paint-komeda.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/433

コメント(2)

PREMIUM :

うんうん。
建物も生きてるって良くわかる気がします。

だって、木も呼吸してますもんね。

こうして見せてもらうと勉強になります。


少しずつ涼しくなってますね。

でも日中はお仕事大変でしょうが
頑張ってください。

PREちゃん、いつも応援あんがとです。ほんなこつ涼しくなりましたね。このまま、涼しければうれしいんだけど・・・。残暑がやってくると思うんだけど・・・(泣)

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)