平成22年3月30日 劣化防水層の撤去

おはようございます。

今日の熊本市は、朝は冷え込みましたが

ヨカ天気です。桜も散り始めています。

ちょっと寂しいですね。

今日の現場は、

熊本市春日K様邸塗り替え工事

屋根 日本ペイント サーモアイ4F 最高級フッ素遮熱塗料

 

合志市幾久富 大京の寝装品様(お布団販売)

バルコニー防水改修工事 ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

昨日の作業内容

01030bousuikouzi8.JPG施工前

旧ウレタン塗膜防水が劣化し、雨漏りが発生しています。

この様な状態で、そのまま防水すると長持ちしませんので

旧防水層を撤去します・・・。大変です(泣)

01030bousuikouzi2.JPG01030bousuikouzi3.JPG

そこで、プロフェッショナルツールで有名な、

『Tajima』さんの、スクレーパーを使います。

しかも新商品で、今回の現場でモニターをさせて頂きます。

01030bousuikouzi4.JPG
01030bousuikouzi5.JPG

いやーー、なかなか思うように取れないんですね・・・ これが・・・

専用のダイヤモンドの歯が付いているサンダーという工具で削ってみましたが

なかなか進まず、『Tajima』さんのスクレーパーで撤去をしました。

従来のスクレーパーより頑丈になり、使い勝手は良かったです。

今日も、バリバリ、この作業を繰り返します。

職人さん、ありがとうございます。

01030bousuikouzi6.JPG
01030bousuikouzi7.JPG

これは、このバルコニーの一部の床です。増築された部分の取り合いが

大きく破断して、大きなひび割れが発生していました。

恐らく、この様な部分から雨漏りに繋がったと思われます。

 

防水工事は、なかなか長持ちしません・・・。

それは、紫外線や雨の影響を、じかに受けますし、

バルコニーは、人の歩行による加重・摩擦などの影響を受けるからです。

もうひとつ大事な事は、施工単価が厳しい場合・・・

皆様、うすうすご存知の、建設業のピラミッド構造(笑)

通常であれば、元請け(お客様)→管理会社・工務店等(1次)→2次下請け工務店

→防水工事店(3次)→下請け防水工事店(4次)・・・

お客様が、元請けさんに、交渉すればするほど、

末端の職人さんの金額が下がるのは、目に見えて解りますよね・・・

通常の会社であれば、利益を頂きます。当たり前ですが(笑)

やはり、会社を経営していくためには20%は最低でも必要でしょう・・・

さーーー、一体、末端の我々は、どんだけ絞られるんでしょうか(泣)

 

果たして、それが、お客様の為になるのでしょうか?

私は、ならないと思います。末端の職人さん達も人並みの生活を

する権利がありますので、いくら法外な安い値段で請けても

損は出来ません。そうすると、どこかでそのしわ寄せが・・・

 

そのしわ寄せが、そく、防水工事の寿命に繋がると思うのですが・・・

やはり、頼まれるお客さまも、その辺のことを理解され、自己防衛を

せんといかんし、自己責任という言葉も当てはまるのではないでしょうか?

特に、大きなマンション等の改修工事では当たり前になっています。

私の会社は、小さい会社なので、あんな、でっかい現場は施工不能ですが

それを、施工している方々に、お値段聞いたら、びっくりですバイ・・・

どこから、利益を出すんだろうと・・・

 

まーー、愚痴になりますが・・・

結局、損するのは、頼まれた、お客様になりますので、心の片隅にでも

しまっておいてくださいネ・・・。

全てにおいて、この例が当てはまるというわけではありませんので

あしからず・・・。

 

さーそれでは今日もこの辺で、

 

それでは本日も皆様

三  方  良  し

ガマダシマッショイ

お問い合わせ0120-387-845

メールからご相談はここをクリック




ビアンコーティング フロア床材コーテキング
トステム インプラス 2重サッシで 防音、断熱、取り付け簡単

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成22年3月30日 劣化防水層の撤去

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://paint-komeda.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/958

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)