平成22年9月22日 リフォーム瑕疵保険

おはようございます。

今日はあいにくの雨です。

が、洗浄工事が2件ありますので助かります。

 

本日の作業内容 高圧水洗浄工事

熊本市水前寺M様邸 外壁塗装・屋上防水工事

熊本市田迎Mアパート 外壁・屋根塗装工事(雨漏り補修共)

 

さて、皆様にも認知されている

リフォーム瑕疵保険 コメダ物件で初めて使用しました。

見事、1発合格です。検査員の方に褒めて頂きました。

010922yatusirosekokann2.JPG010922yatusirosekokann.JPG

 

 

 

 

 

 

検査中

リフォーム瑕疵保険(安心住宅保証に加盟)

に申請しますと、第3者機関の国に機関から

検査を受ける事が出来ますし、合格すると保険会社からの

保険が適用されます。これからのリフォーム工事の標準に

なると思います。

新築後、5年位なのですが、雨漏りに悩まれていました。

建てた所は倒産しており、今年の長雨で困っておられました。

一番良い方法は、既存の外壁材を全て撤去し、外壁を貼り替える事でしたが

予算的・技術的に非常に難しかったので、

既存外壁に金属サイディングをカバー工法で仕上げました。

リフォームで金属サイディングを貼る工事は、非常にシビアです。

職人さんにも相当な負担が発生し、工期が1カ月かかりました。

お客様にもストレスをかけてしまいました。すいませんでした。

しかし、今後の事を考え、やっつけ仕事だけはしておりませんので

ご安心ください。とても綺麗に仕上がり、雨漏り対策もバッチリです。

 

熊本市田迎Mアパート 塗装工事

010921bousuisagyoud2.JPG010921bousuisagyoud3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ボーダーを撤去し、ボードの継ぎ目を防水補強しています。

その後、ボーダーを新設します。

010922bousuisagyoufuukei2.JPG010922bousuisagyoufuukei.JPG

 

 

 

 

 

 

 

破断しやすい縦目地も防水補強をしています。完全に雨漏りを止める為に

何重にも予防策を実施します。

 

熊本市水前寺M様邸 屋上防水工事完了

010922kasuta-bousi.JPG

 

 

 

 

 

 

築50年を迎える立派な建築物です。が、屋上の防水層の劣化が

著しく改修を検討されました。

しかし、従来の防水工法では下地処理に費用がかかり、かつ

10年もすると劣化し補修費がまたかかりますので、

カスタージャパン製のシート機械固定工法(カバー工法)

既存の防水層を撤去せずに施工できる工法で、かつ

25年以上の耐久性がある防水工法を選択して頂きました。

10年後に、端末のシーリング打ち替えや架台部の塗膜防水を

再施工する小規模メンテナンスするだけで済みます。

業界では画期的な、25年保証防水工事(責任施工)です。

 

毎日、沢山の現場をさせて頂いております。

本当にありがとうございます。

 

それでは本日も皆様

ありがとうございます

ガマダシマッショイ



ビアンコーティング フロア床材コーテキング
トステム インプラス 2重サッシで 防音、断熱、取り付け簡単

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成22年9月22日 リフォーム瑕疵保険

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://paint-komeda.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1111

コメント(2)

はじめまして。

この様に工事の過程を紹介して頂けると、
お客様も安心して工事がお願いできますね^^。


また保険による保証が標準になれば、
悪質な業者もいなくなり良いことだらけですね♪

大変参考になりました!
また、お邪魔させていただきます^^。

中央区の屋根工事さん
コメントありがとうございます。
お互いに信頼される業者になり
頑張って行きましょうネ。

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)