平成23年9月8日 熊本市桜木 塗り替え現場

おはようございます。

今日も爽やかな朝を迎えております。

今日も一日ガマダシマッショイ!!

 

熊本市桜木K様邸 塗り替え工事

屋根施工前

0110908burogukizi3.JPG0110908burogukizi4.JPG

 

 

 

 

 

 

築15年を経過しており、屋根のスレート性薄型瓦(コロニアル)の汚れや

板金部の変退色・錆の発生が進んでいます。

屋根は、紫外線や降雨の影響をもろに受けますので劣化が早く

成るべく高耐久の塗料をお勧めいたします。

施工も気をつけませんと幾ら良い塗料を使用しても施工が悪ければ

長持ち致しません。

屋根板金部 防錆処理

0110908burogukizi.JPG0110908burogukizi2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この様に金属の板金部は、必ず防錆剤を塗布致します。

屋根用の下塗り材で済ますと、錆の早期発生や塗膜の剥離が心配されます。

 

また、K様邸では日本ペイントのサーモアイシリーズ(遮熱仕様)

サーモアイ4F(遮熱フッ素)を選択して頂きました。

さらに、遮熱効果を最大限に生かすために、白色を選ばれました。

 

サーモアイ4F クールホワイト

010908burogu3.JPG

立地的に屋根があまり見えない場所なので、

思い切ってホワイトを選択されました。

一般住宅の屋根にホワイトは初めてなので

ワクワク ドキドキです。

 

 

 

取り合いコーキング

010908burogu.JPGこのような樋の根周りも

シッカリとコーキングで防水処理

しています。

この部分は、劣化し雨漏りの原因に

なっている部分です。

 

 

今日もヨカお天気なので仕事がはかどります。宜しくお願い致します。

 

塗装工事・防水工事・遮熱塗装・遮熱フィルムの

お問い合わせは

フリーダイヤル 0120-387-845

メールからはクリック⇒  お問い合わせ

 

建築・住宅ニュース⇒遮熱フィルム

 

それでは今日も一日

ありがとうございます

ガマダシマッショイ

| | トラックバック(0)


ビアンコーティング フロア床材コーテキング
トステム インプラス 2重サッシで 防音、断熱、取り付け簡単

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成23年9月8日 熊本市桜木 塗り替え現場

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://paint-komeda.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1316